会社概要




社 名 株式会社イーエヌツープラス
住 所 滋賀県彦根市山之脇町41(〒522-0038)
バンコク営業所  647 Charansanitwong 57, Bangbamru, Bangplad, Bangkok 10700 Thailand
電 話 0749-26-0047
設 立 平成13年10月5日
資本金 1,000万円
役 員 代表取締役:梅澤 美明
主任技術者:池口 孝

    

業 種

    

 エンジニアリング事業、製造業、サービス業

目的

1.地方自治体の地域政策に係る各種調査・研究
2.地方自治体の行う環境保全型リサイクルシステムの計画策定
3.地球環境保全モデル事業の調査、計画、実施、運営・指導
4.開発途上国に対する新技術導入やシステム改善に関する調査・研究
5.民間企業の海外進出に関する立地調査、技術支援
6.民間企業の技術開発、商品開発に関する計画策定、市場調査、技術指導
7.工作機械、土木建設用機械器具、農業用機械器具及びそれらの部品の企画、開発、製造、販売及び輸出入業
8.環境調査機器、環境保全機器、環境衛生設備機器及びそれらの部品の企画、開発、製造、販売及び輸出入業等。
 

経営方針

当社は、2001年の設立以来、主として大手コンサルタント会社から再委託され、JICAの環境関連調査をおこなってきました。さらに、プラントメーカーで約40年間、国内外のバイオマスリサイクル設備の設計製作を進めてきた梅澤美明が入社したことにより、これまでのコンサル事業に加えてバイオマスリサイクル設備の製造販売、付帯設備のエンジニアリング事業を積極的に推進することと致しました。

社名の由来

 株式会社 イーエヌツープラス
    EN2+ = Energy & Environment + ○○○
    エネルギーと環境をテーマとして地域の皆様と共に歩みます。

日本の最先端のバイオマスエネルギーや環境改善に関する技術を、高いコストや援助で押し付けるのではなく、現地で創り上げ普及してきた安価なリサイクル技術を掘り起こし、そこに当社の有する安全・制御・エンジニアリング技術を付加して、より使い易い製品の提案を目的とします。 さらに、バイオマスリサイクルの副産物(消化液、草木灰、炭化物など)を利用する農業(クールベジタブル)の指導や有機栽培技術の普及活動も推進します。

経営の3本柱

1. バイオマスリサイクル設備の企画、開発およびそれら設備の製造事業
2. バイオマス由来の堆肥、炭化物などを利用した農業の指導
3. 環境関連のコンサルタント事業

参加団体

1.アジア農業工学会
2.木質炭化学会
3.農業食料工学会関西支部
4.日本バイオ炭普及会
5.日本クルベジ協会
6.炭焼きの会
7.日本エネルギー学会